「エステの歴史」

 

女性は美顔や、美肌などになるためにいろいろな手段を使っていますよね。その中でもエステをする方というのは大変多くいると思います。ですが、そのエステは一体いつからできたものなのでしょうか?
今回はエステの歴史について紹介したいと思います。
まず、エステについて簡単に説明します。エステとは、エステティックと言われていて、脱毛や美肌を始めとした、全身の美容術を言います。リラクゼーションを兼ねていることも多いので、女性にはとても人気があります。西洋では美学や美意識を意味する言葉になっています。略語のエスシートは、唯美主義者のことを意味している言葉です。

ではエステの歴史について紹介していきます。日本国内においては、古くは明治時代より行われていた「美顔術」と呼ばれる女性向けのフェイシャルケアというものがエステの発端だと言われています。フェイシャルケアは英語ではFacial careと呼ばれています。
時代を通じて女性の美の追求は昔から行われていたのですが、国民所得にゆとりができた1970年代から特に盛んになり、顔だけではなく、全身按摩、脱毛など様々な行為と同時に、美容に留まらず慰安も提供するエステティックという言葉が広がったと考えられています。

 

このように、エステにも様々な歴史があります。西洋の方でも日本でも意味としてはあまり変わることもなく、使用されています。

エステをあまり知らなかった人というのはあまりいないと思いますが、これをきっかけに少しでもエステに興味を持ってくれればなと思います。